オーガニック製品は割高?

オーガニックと呼ばれるものは色々あります。
化粧品、食品、衣類などなど。

確かにオーガニック製品は高いなと思うことが多いです。
でも、安価な原材料を使っていないからそれは仕方ないかな、と。

ただ、オーガニックと言ってもほんの少しオーガニック原材料が
使われているだけで添加物や化学合成されたものが多い場合もあるので注意です。

そういうのはものは悪いのに高いということになりますからね。。

成分表示や原材料の表示をよく見ることが大事ですね。
それと、化粧品などはカタカナ成分が多く、なんだかわかりにくいこともあります。

そういう場合は、ネットで成分名を打ち込んで調べると簡単です。
添加物の害について述べたサイトなども参考にするといいですね。

なんというか、うまい方法でいい印象を与えるような表示法とか
なんとかして消費者の目をごまかそうという製品も多いのは残念です。

例えばオーガニックシャンプーという表示はとても曖昧です。
日本ではオーガニックに関する厳しい規定がないので
いわば使いたい放題、言ってしまったもの勝ち、というところがあるそうなのです。

ほんの1%オーガニック成分が使われていて
他は添加物がてんこ盛り、なんていう場合もオーガニックシャンプーと言えるそうな。

日本はオーガニック認定に関してもそうだし、
添加物や農薬の規制が甘いそうです。

海外では使われていない、禁止されているものも
日本では認可されていると場合もあるとか。

オソロシイですね。

消費者が賢くなって取捨選択しなければいけないなぁと思いました。

顔の洗い過ぎはしわの原因にもなるのです

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ