できるだけクレンジングはしないように

普段お化粧をしないことが多いんですね。
これはできるだけ肌を守ろうということからです。

そういう時はもちろんクレンジングはしないし、場合によっては
洗顔石鹸も使わないこともあります。

ぬるま湯か水でさーっと顔を洗うだけです。

話によれば、お湯だけでも汚れは取れるということなんですね。
お化粧もしていないときに洗顔で皮脂をとるのがもったいないというか、
そんな感じがするんです。

もちろんお化粧したときはちゃんとクレンジングをしますが、
それもいいクレンジングじゃないと肌をいためてしまうんですね。

クレンジングはメイクが落ちるからいいもの、というわけじゃないみたいです。
よく取れるものほど肌にダメージを与えていることも多いんですって~。

なんだかお化粧とかスキンケアって難しいですね。
一長一短というか、肌へ浸透するということは肌のバリアを壊していることにも
なるそうなんですよね。

だから、自分の肌の状態と常に相談して、スキンケアを使う使わないを
変えるようにしています。

顔を洗ってもいたいという時は、できるだけ触らないようにしましたよ。
ホルモンの関係で顔の皮膚がすごくダメージを受けたことがあったんです。
こういうのはもう化粧品じゃ治らないので病院行きでしたけど。

クレンジングはものによっては洗浄力が強いので、これからはもう少し
気をつけて選びたいと思います。

普通のメイクならお湯で落ちるというくらいだから、クレンジングを
使うにしてもマイルドなものでOK,ということかなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ